360通販note
EC物流 在庫管理

在庫管理をアウトソーシングするメリットとは?委託企業の選び方を解説

 更新日 :
在庫管理をアウトソーシングするメリット

在庫管理は商品を適切かつ迅速に発送できるように、保管状況や商品の品質を適正に維持しながら在庫を保管することです。
在庫管理をアウトソーシングすることによって、自社のスタッフを新商品の開発や、販売戦略の見直しなどのコア業務に配置することができるだけでなく、コスト削減にもつながります。

本記事では、在庫管理をアウトソーシングするメリットや、アウトソーシングする企業の選び方を紹介します。

物流アウトソーシングの重要性とチェックリスト:ホワイトペーパー

物流アウトソーシングの
検討時期やポイントを解説!
※委託先選定チェックリスト付き

資料ダウンロード

在庫管理をアウトソーシングする理由

在庫管理をアウトソーシングする1番の理由は、在庫管理のために割いている自社の人的・時間的なリソースを、コア業務へ注力することができるようにするためです。

在庫管理のアウトソーシング(イメージ)

アウトソーシングによって確保できたリソースで、マーケティング施策や商品開発、DX(デジタルトランス・フォーメーション)の推進など、より売上に直結する業務を行う時間を増やせるようになります。

在庫管理を物流のプロにアウトソーシングすることで、入庫から出庫までの一連業務を専門企業が対応するため、自社で対応に苦労していた業務も、効率よく対応してもらうことができるようになります。

また、適正在庫を維持するための業務提案を受けられる場合もあるため、余剰在庫や在庫の過不足に関する課題解決も可能です。ただし、企業によって対応している業務範囲が異なるため、自社商品の特性に適した企業を選定する必要があります。

在庫管理をアウトソーシングするメリット

在庫管理をアウトソーシングするメリットは、以下の3点があげられます。

在庫管理のアウトソーシング(イメージ)
  • コストを削減できる
  • コア業務にリソースを割ける
  • 梱包や出荷のミスを減らせる

コストを削減できる

在庫管理をアウトソーシングすることによって、自社で業務を行う必要がなくなるため、人件費の削減につながります。また、繁忙期に追加人員を確保したりする管理コストの削減や、閑散期にリソースを持て余してしまうことを防止することでコストの最適化も可能になります。

さらに、外部倉庫を利用することで、倉庫の維持費や機材の導入費・維持費も不要になります。このように、在庫管理にかかるコストを明確に把握できる点もメリットです。

コア業務にリソースを割ける

在庫管理をアウトソーシングすることによって、今まで在庫管理を担当していたスタッフが「新商品の開発」「既存商品の改善」「販売戦略の見直し」などの、売上に直結するコアな業務にリソースを割けるようになります。

また、注文が急激に増えた際にも柔軟な対応ができる委託先にアウトソーシングできると、売上増加のチャンスを逃してしまうなどのリスクがなくなります。

梱包や出荷のミスを減らせる

在庫管理と関連して、梱包から出荷までアウトソーシングすることによって、ピッキングや検品、梱包などの業務を丁寧かつ迅速に行うことができるため、検品ミスや誤出荷などの削減にもつながります。

取り扱う商品数や種類(SKU)が増えても、業務のクオリティを維持したままの商品発送が可能です。質の高い発送は顧客満足度やリピート率の向上につながります。

物流アウトソーシングの重要性とチェックリスト:ホワイトペーパー

物流アウトソーシングの
検討時期やポイントを解説!
※委託先選定チェックリスト付き

資料ダウンロード

在庫管理をアウトソーシングするデメリット

在庫管理をアウトソーシングするデメリットは、以下の3点があげられます。

在庫管理のアウトソーシング(イメージ)
  • 柔軟に対応できない場合がある
  • 自社に在庫管理のノウハウが蓄積されない
  • アウトソーシング先の企業選定が難しい

柔軟に対応できない場合がある

企業によって対応可能な業務内容が異なるため、アウトソーシングできない業務がでてくる可能性もあります。また、特殊な業務・複雑な業務のアウトソーシングには、追加費用が発生するケースも少なくありません。

たとえば、出荷時に同梱する販促物において「複雑な同梱パターン 且つ 複数の販促物」があるような業務は、対応が難しい企業も多いため注意が必要です。その場合は、一部の業務だけ自社で対応するなどの検討が必要なケースも存在します。

自社に在庫管理のノウハウが蓄積されない

自社で在庫管理をしないため、ノウハウが蓄積されません。将来的に内製化したい場合は、一部の業務のみをアウトソーシングするという検討も必要です。

たとえば、在庫管理を自社で行い、梱包や出荷をアウトソーシングする方法などもあります。自社のリソース状況と、中長期的な計画を踏まえて、アウトソーシングする業務を判断する必要があります。

アウトソーシング先の企業選定が難しい

自社商品の特性に適したサービスを提供している企業を選定するのは、簡単なことではありません。在庫管理をアウトソーシングできる企業は数多くありますが、対応できる業務内容は異なります。一部の企業では、アパレルのみ・生鮮食品のみのように、商材を限定したサービスもあります。

さらに、EC通販の在庫管理の場合は、運営しているEC通販の規模によって、最適なアウトソーシングサービスが異なるため、選定時にはサービス範囲やオプション料金、自社商材に近い運用実績について、入念に確認しましょう。

在庫管理をアウトソーシングする企業の選び方

在庫管理をアウトソーシングする企業の選び方は、以下の3つです。

在庫管理のアウトソーシング(イメージ)
  • アウトソーシングしたい業務に対応可能
  • 自社の商品ジャンルに精通している
  • 実績があり信頼できる

アウトソーシングしたい業務に対応可能

在庫管理をアウトソーシングする企業を選ぶ際、委託したい業務に対応しているか確認しましょう。企業によって対応範囲が異なるため、対応していないケースがあるためです。

たとえば「発送のみ対応」「在庫管理から発送まで対応」「在庫管理から発送、その後の入金処理まで対応」などのように、業務範囲が企業によって異なります。解決したい課題や、委託したい業務が複数ある場合は、優先順位を明確にしてから選定を始めることが重要です。

自社の商品ジャンルに精通している

在庫管理をアウトソーシングする企業を選ぶ際、自社の商品ジャンルに精通しているかどうかを確認することで、ミスマッチを防ぐことができます。商品の種類(SKU)や、在庫数、発送頻度、保管温度帯など、確認すべき内容を事前に確定しておくことがポイントです。

たとえばアパレル商品なら、流通加工の専用設備がある企業へのアウトソーシングが適しています。在庫管理が複雑になるほど費用が高くなる傾向にあるため、費用対効果のシミュレーションを含めて検討が必要です。

実績があり信頼できる

在庫管理をアウトソーシングする企業を選ぶ際、自社の商品ジャンルの在庫管理実績やノウハウがあり、信頼してアウトソーシングできる企業を選定しましょう。

契約前に同業種・同規模の在庫管理を請け負った実績があるかどうかは必ず把握しておきたいところです。また、トラブル発生時の対応フローや、専門知識を有しているスタッフの有無も重要な確認ポイントです。

物流アウトソーシングの重要性とチェックリスト:ホワイトペーパー

物流アウトソーシングの
検討時期やポイントを解説!
※委託先選定チェックリスト付き

資料ダウンロード

まとめ:在庫管理をアウトソーシングして業務の効率化へ

在庫管理をアウトソーシングすることで、自社のスタッフをコアな業務に配置できるだけでなく、品質の向上やコストの最適化が可能です。アウトソーシングする際は、委託したい業務に対応しているか、自社商品ジャンルの在庫管理実績があるかどうかを確認して、企業選定を進めましょう。

当社では、長年の実績から培った知見とノウハウを活かし、業界トップクラスの物流サービスを提供しております。在庫管理に関する課題をお持ちでしたら、お気軽にご相談ください。

物流アウトソーシングの重要性とチェックリスト:ホワイトペーパー

物流アウトソーシングの
検討時期やポイントを解説!
※委託先選定チェックリスト付き

資料ダウンロード
物流代行(発送代行)
サービスはこちら

関連記事