次世代CRM物流 スクロール360

360通販note
サービス紹介

商品登録こそプロにアウトソーシング/複数モール・EC運営のボトルネックを外部委託で解決!

商品登録イメージ

EC運営で大きなリソースをとられる「商品登録」「データ登録」こそ
プロへアウトソーシングすることで、ボトルネックを解消できるチャンスです!

EC通販において、「複数モールへの出店」や「取扱商品数の増加」に比例して、商品登録にかかる時間や手間はどんどん膨れ上がります。
特に電話やメール対応、在庫管理、制作など他の業務と担当者が兼任している場合は、作業が追いつかなくなることも多く、悩んでいるEC通販事業者様も多いのではないでしょうか。
そのようなときは商品登録のアウトソーシング(商品登録代行)で早めに解決しましょう。

本記事では、
商品登録を代行会社にアウトソーシングすべき理由
商品登録をアウトソーシングした事例
費用の決まり方
などをご紹介。商品登録・データ登録だけの外部委託を少しでも検討されているEC通販事業者様必見の内容です!

EC運営における商品登録・データ登録代行なら、プロにまるごとお任せ

1商品登録における課題とは

まず、商品登録を自社で行なっていると、以下のような課題が生じます。

リソース不足が深刻に

「ショップのさらなる成長を目指している」「複数店舗展開するにあたり、EC運営方法を模索している」といった場合、 特に時間がかかる商品登録について社内のリソースを使うと、販促・商品開発などのコア業務に力を入れることができなくなり、スタッフが疲弊してしまうことも。
そうなると退職や、新しいスタッフの教育といった新たな課題も生じるため肝心の業務に集中できなくなり、運営のボトルネックとなります。

登録方法・品質が人によってバラバラになる

採用・教育・退職・休職(産休育休など)でスタッフの稼働体制が安定しない中では、 担当者によって登録方法・品質がバラバラになってしまいがちです。
正しい商品登録ができなければ、機会損失はもちろん顧客の信頼を失うことにも繋がりかねません。

このような課題は商品登録をプロが代行することで解決できます。
EC業務の経験豊富なスタッフが担当するため、商品登録の品質が保てる上に、新しい機能などにもマニュアルに沿ってすぐに柔軟に対応。 安定したリソースの確保は「商品登録担当の自社スタッフが辞めてしまったら‥」などという心配も無用です。
また今まで商品登録の業務に使っていた時間が空けば、マーケティングリサーチなど、売上向上に関する業務に専念できるでしょう。

2商品登録の大まかな流れとポイント

商品登録とは、様々な元データから商品データを作成し、それぞれのECショップにアップしショップでその商品を買える状態にすることです。

全体的な作業の流れ

作業イメージ

具体的には、

  • 既存商品の情報更新
  • システム入れ替えのデータ作成
  • 価格調査と価格調整
  • 競合店調査
  • 画像のパス抜き
  • 画像のリサイズ / リネーム
  • 画像のカラー調整
  • 画像カラバリ / カラーパッチ

などの作業があります。

1商品ずつ手作業で登録する場合も、CSVを活用して一括登録する場合でも、商品名や説明、価格、在庫数、商品IDなどすべての項目が正しく登録できているか、また画像が実物と違っていないかなどを丁寧にチェックする必要があり、膨大な時間と手間がかかります。

作業の中でのポイント

商品登録では「元データ」「システム」が重要なポイントになります。
この内容によって難易度や作業時間が大きく異なるため、委託をする際に、何を使って、どのような作業でどのくらいの時間がかかるのか、仕様と共に必ず整理しましょう。

登録イメージ

例えば元データひとつとっても

  • csv
  • カタログ(紙ベース/PDF)
  • 商品説明書
  • WEBサイト
  • ハイブリッド…文字情報はcsvで画像情報はWEBメーカーページから検索

などあらゆる元データの種類によって作業内容に幅があります。

システムに関しても(EC通販事業者様の)自社開発システムを使用することもあれば、 カートシステム・一元管理システムなど各EC通販事業者様の販売環境に適したシステムで対応します。 それぞれ異なった仕様での作業となるため、この「元データ」「システム」の2つが(アウトソーシングの)作業単価を決める大きな要素になるのです。

3EC通販事業者を悩ませる、煩雑な「複数モール運営」

ネットショッピングイメージ

このように自社サイトやひとつのモールだけでも時間も手間もかかる商品登録作業ですが、 これが複数のモールを運営するとなると、より作業が煩雑化し、EC通販事業者を悩ませます。

一般的に商品登録方法はEC通販事業者の販売環境によってさまざまです。

  • 各ショップ用にデータを作ってそれぞれアップロードする
  • ひとつの受注処理システムにアップロードすることで各ショップにアップロードされる
  • 商品データ(説明文やスペック等)は自動連携、画像は手動でアップロードする

そのうえ、新機能追加・登録方法変更と、たびたび発生する仕様変更にその都度対応していかなければなりません。

これらの複雑な作業を、システム仕様変更のたび・販売店舗が増えるたびに、スタッフ教育を含め自社ですべて対応するとなるととても大変ですが、経験豊富な外部のプロ(代行会社)にアウトソーシングすることで様々なシステムに即応できるため、自社スタッフの手を煩わせず、人員や販売店舗を増やす場合の手間やコストも不要となります。 また自社にないノウハウを補完することもでき、さらに効率よく複数のECサイトやネットショップを運営できるようになります。

4商品登録アウトソーシングの具体的事例紹介

続いて、当社グループ会社の成都インハナに商品登録を委託しているEC通販事業者様の、具体的事例をご紹介しましょう。商品登録の際の細かい画像作成、ページ作成など、ご要望に沿って対応しています。

CASE1:住宅設備会社

住宅設備イメージ
CSV、PDFなどコピペできない商品データにも対応、月2万件を登録

照明器具のカタログを月2万件ほど登録する業務をアウトソーシングされています。 商品情報に関しては、公式サイトからデータを探して、掲載リストにある品番の商品情報を入力。支給データがCSVデータであったり、PDFでもコピー&ペーストできるものとできないものがあったりと、時間がかかる複雑な作業もそれぞれ丁寧に対応しています。

画像作成はデータ抜き出しからサイズ、リネーム、文字入れも

画像に関してはカタログやホームページから抜き出して加工後、指定サイズに調整してリネームを行うなど、すべてがバラバラの状態からショップ用の登録リストデータを作成しています。

MEMO:楽天市場用の画像作成

色、スペック、注意事項(例:別売り/これは付属品ではありません)など画像だけで商品内容がわかるような商品画像を作成することがありますが、その中でも楽天は文字を掲載できる画像範囲の制限ルールがあるため、特に注意が必要となり時間を費やします。


CASE2:アパレルメーカー

カラー見本イメージ
繊細な調整が必要となる、カラーバリエーションにも対応

モデル着用画像が1色のみの場合、見本カラーを見ながら他カラーへの複製展開をし、カラーバリエーションをつける作業も行なっています。ECの返品理由の上位に「色味が違う」というものがありますので、限りなく本物の色に近づけるため、非常に時間をかけています。また技術を持つスタッフにしかできない作業となります。

ページ作成も対応

出来上がった画像をテンプレートにはめこんでいき、ショップページ作成までを請け負うこともあります。
このように、ただ商品登録するだけではなく、登録用画像の作成・調整、ページ作成など商品登録から派生する業務も柔軟に対応することができます。

5商品登録の代行費用はどのように決まる?

さてこのような複雑な商品登録代行だと費用面で心配されることもあるでしょう。
商品登録の代行費用の設定方法は、一般的に従量制と固定制があります。
成都インハナの場合は、下記のように見積もりを行います。

1.【従量制】要望に応じて稼働時間をカスタマイズ

●特徴
1件ごとの見積もり
閑散・繁忙の波動に対応可
短期的な大型案件対応可
変動費として計算可

●作業の流れ
1.テスト作業
2.見積提出
3.注文書受領
4.納品
5.月締めで精算

●従量制の使い方
基本契約締結で、商品登録をすぐにご依頼いただけます。

2.【固定制】要望に応じて業務内容をカスタマイズ

●特徴
常にリソースを使用可能
業務に慣れるとほぼ半自動で運営可能
業務が早くなった分は作業を追加可能
見積もりなどの手間がない

●作業の流れ
1.マニュアル作成
2.テスト作業を行います
3.開始日を決めます
4.契約締結(初期費用)
5.本番スタート

●固定制の使い方
固定制は決められた時間があるので、スケジュール作成が有効。作業ごとに優先順位をつけるのも効果的です。

また日々の業務依頼連絡に使用するコミュニケーションツールは従量制・固定制共通となり、

  • メール
  • skype
  • chatwork
  • Messenger
  • Slack
  • Kintone

など様々なチャットツール・グループウェア・メールなどで担当者と直接やりとりも可能です(固定制の場合は担当者の就業時間内となります)。

勿論代行会社によって算出方法は異なりますので、見積を依頼する際に確認してみると良いでしょう。

MEMO:作業量によって段階的にアウトソーシングも!

どちらのプランがよいか悩まれる方は、従量制でテスト的に依頼していただき、慣れてきたら固定制に変更するという方法もおすすめです。自社のペースやルールに合わせて柔軟に依頼できるか、見積もり時に確認しておきましょう。


6まとめ:依頼量が少なくてもOK!お気軽にお問い合わせを

インハナスタッフイメージ

▲成都インハナのスタッフは、流暢な日本語で対応できるので安心してご依頼いただけます。

いかがでしたでしょうか。
商品登録はプロにアウトソーシングした方が効率の良い運営ができ、リソース不足の解消や品質も保てることが分かりました。費用もケースに応じて検討できそうですね。

当社の場合、最初は商品登録のみでご相談されるEC通販事業者様も多いのですが、お話を伺っていくと、システムを使いこなせていない、そもそもシステム選びの時点でミスマッチが起こっている、在庫の持ち方、受注処理のオペレーション、モールの運用方法などさまざまな課題が見えることもあります。その場合には、当社グループのリソースを最大限に生かして解決いたします。

EC業務のスペシャリストが、商品登録にまつわる業務を解決すべく、商品登録をはじめとするECサイト運営も丁寧に対応していきます。月あたりの依頼量が少ない場合なども、まずはお気軽にお問い合わせください!

EC運営業務なら、プロにまるごとお任せ!

商品登録やデータ登録代行における疑問やご質問もお気軽にどうぞ