物流拠点を分散 
コスト・お届け日を大幅カット!
現在の出荷場はそのままに、
複数拠点出荷を手軽に導入。

分散出荷

お届け日短縮・配送コスト削減・波動対応・BCP対策のメリットも!
2つ以上の地域に物流拠点を分散し、お届け先に近い拠点から商品を発送。

莫大なシステム投資は一切不要!複数拠点に分散することにより、EC・通販事業者さまが抱えるお悩みや課題解決に繋がる画期的なサービスです。

分散出荷サービス導入イメージ

当社の分散出荷システムを介して出荷指示を行います。
現在の物流センターを生かしたまま、複数拠点への分散出荷を手軽に導入いただけます。

今まで

分散出荷を導入後

九州から東北の購入者さまへお届けする場合

分散出荷(複数拠点)メリット

BCP対策(リスク分散)はもちろんのこと、配送リードタイム短縮・コスト削減・マーケティングなど幅広い用途で選ばれています。

1現在の出荷場はそのまま配送コスト削減
スクロール360の物流センターは全国拠点。
倉庫からお届けのお客さま一人ひとりへの最短距離で配送するため、配送運賃を削減することが可能です。
2キャンセル対策にも抜群!お届け日数短縮化
お届け先から最寄の倉庫から出荷できるため、リードタイムの短縮へ繋がります。
1日でも早く商品を届けたい事業者さまに最適です。
3キャンペーン時の波動対応!大量出荷にも即日対応
拠点を増やすことで、出荷場面積・人員などの物流キャパシティが拡大します。
そのため、急な大量注文であっても物流波動の吸収力を、より高めることが可能です。
4BCP対策(災害・感染症対策)出荷維持・ルート確保
地震・台風などの自然災害や障害時のリスク分散、感染症のパンデミックを想定したリスク対策を実現。出荷場だけでなく、交通網や人員確保についても考慮することが可能です。
5小規模からでも導入可能
大規模でなくても、月間約5,000件以上の出荷より、コストメリットを感じていただけます。例えばトライアルだけでも…といった用途分けにもご利用いただけます。
6テストマーケティング専用倉庫としても
既存の倉庫は通常出荷として残しておきながら、分散拠点では新規顧客への販促や休眠顧客の掘り起こし施策など、テストマーケティング専用センターとして活用可能です。

分散出荷(複数拠点出荷)対応の出荷場拠点一覧はこちらからご覧ください。

物流センター拠点一覧

EC・通販事業者さまからの喜びの声

業種:化粧品メーカー

EC・通販事業者さまのお悩み

EC・通販事業者様

災害時や感染症のリスク分散はどうすれば良いですか?

  • 出荷場が1拠点しかない
  • 出荷場を増やすと、出荷指示などそれぞれの作業が増えることがネック

▼

解決までのアプローチ

分散出荷(複数拠点出荷)のご提案

分散出荷(複数拠点出荷)のご提案

  • まずはトライアルセットのみ、別倉庫にて運用
  • 慣れてきたころに、本商品を追加納品
  • 出荷指示1回で自動分散指示ができる当社の分散システムを利用

現在の出荷場や物流を変えることなく、拠点を増やすことができ、
全拠点の在庫管理も一括でできることは助かっている!
また全体的に配送コストを抑えることも!


その他、さまざまな特化型物流サービスをご提供