次世代CRM物流 スクロール360

360通販note
EC物流 物流倉庫

倉庫管理とは?在庫管理との違いや効率的に行う方法を解説

 更新日 :
倉庫管理とは?在庫管理との違い・効率的の方法

倉庫管理とは、消費者に商品を正確かつスピーディーに届けるために、倉庫内の業務をマネジメントすることです。物品の管理業務には「倉庫管理」と「在庫管理」があり、物流現場において倉庫管理は重要な業務です。

本記事では、倉庫管理の概要について解説した上で、在庫管理との違いや倉庫管理を効率的に行う方法を解説します。倉庫管理の担当者や、倉庫内業務の効率化に課題をお持ちの方は、参考までにご覧ください。

「物流についてまずは相談したい」
と考えている方へ

750社を超える通販支援実績をもつスクロール360は、
商材を問わず、幅広い事業者様より評価いただいています

\ 会社紹介資料はこちら /

資料ダウンロード

\ 無料相談・お見積はこちら /

お問い合わせ

倉庫管理とは?

倉庫管理とは、倉庫内の業務全般をマネジメントすることです。

倉庫管理とは?(イメージ)

倉庫で働くスタッフの業務を効率化することや、商品・資材を適切に配置してスムーズに作業できるようにすることも倉庫管理の業務です。また、倉庫内の在庫数を調整すること(在庫管理)も倉庫管理に含まれます。

倉庫管理を行う目的

倉庫管理を行う目的は、業務効率化を含め、倉庫全体を適切に管理することによってトラブルやミスを防止し、一定のサービス品質を維持することです。

適切に倉庫内の管理ができていなければ、欠品による配送遅延の発生や、マニュアル不足による作業効率低下の可能性があります。適切な在庫を確保し、スピーディーに商品を届けるためには、倉庫管理を行うことが大切です。

倉庫管理と在庫管理の違い

倉庫管理と在庫管理の違いは、業務を行う目的と管理する範囲が異なる点です。

用語 目的 管理する範囲
倉庫管理 倉庫内の業務を効率化するため 倉庫内の物・設備・人員の把握業務
在庫管理 適切な在庫量を確保し、利益を最大化するため 入庫から出庫までの業務
(倉庫外の在庫データ管理を含む)

倉庫管理は倉庫全体の業務をマネジメントしますが、在庫管理は入出庫時の在庫データを管理して、問題なく保管・発送できているかを確認します。

倉庫管理で行う業務

倉庫管理で行う業務は、大きく分けると以下の3つに分類されます。
それぞれの業務について詳しく解説していきます。

物流とロジスティクス・流通・商流の違い(イメージ)
  • 入庫に関する業務
  • 出庫に関する業務
  • 在庫管理に関する業務

入庫に関する業務

商品の入庫時には、商品をトラックや船からおろす荷卸(におろし)や、入庫伝票の確認を行います。その後、届いた商品に問題がないか検品・検収を行い、倉庫内の適切なスペースにまとめる仕分け作業をします。

出庫に関する業務

出庫時には、必要な商品を集めるピッキングを行い、商品に問題がないか検品をした後に商品を梱包していきます。その後トラックや船に商品を積み込み出荷します。

在庫管理に関する業務

倉庫内の在庫数を適切に調整するためには、商品の入出庫状況を正確に把握する必要があります。在庫量を適切に管理することで余剰在庫や機会損失が減り、利益を最大化することができます。

「物流についてまずは相談したい」
と考えている方へ

750社を超える通販支援実績をもつスクロール360は、
商材を問わず、幅広い事業者様より評価いただいています

\ 会社紹介資料はこちら /

資料ダウンロード

\ 無料相談・お見積はこちら /

お問い合わせ

倉庫管理の業務を効率的に行う方法

倉庫管理の業務を効率的に行う主な方法は以下の5つです。
それぞれの方法について詳しく解説していきます。

物流の機能とは?(イメージ)
  • ロケーション管理で在庫を管理
  • ピッキングしやすいレイアウトに変更
  • ピッキングリスト活用で作業スピード改善
  • マテハン機器の導入
  • 倉庫管理のアウトソーシング

ロケーション管理で在庫を管理

ロケーションとは倉庫内の商品・資材を保管する場所のことで、商品を常に決まった場所に保管する「固定ロケーション」と、倉庫全体の状況によって保管場所を変える「フリーロケーション」があります。

ロケーション管理で商品・資材の在庫を管理することにより、効率化につながるだけでなく、倉庫管理の経験が少ないスタッフでも、ミスなくスムーズに出荷作業が可能になります。

ピッキングしやすいレイアウトに変更

倉庫管理の業務を効率的に行うためには、ピッキングしやすいレイアウトにすることも大切です。ピッキング頻度に合わせて商品を配置したり、商品の置き方を工夫するだけでも効率化につながります。

ピッキングリスト活用で作業スピード改善

ピッキングリストとは、ピッキングする商品の種類や数、保管場所(ロケーション)などが記載されている指示書のことです。ピッキングリストを活用すると、倉庫管理の一環である出庫作業をミスなくスムーズにできるようになります。

企業によっては、出庫作業をよりスムーズにするために、ハンディターミナルを用いてバーコード化されたピッキングリストが使われています。

マテハン機器の導入

マテハン(マテリアルハンドリング)機器を倉庫に導入することによって、商品の棚卸しや仕分けなどの作業が効率的になります。マテハン機器とは、フォークリフト・パレットなど物流業務で利用する作業機械の総称です。
具体的には以下のようなマテハン機器があります。

  • フォークリフト
  • パレット
  • 天井走行車
  • 台車
  • コンベア
  • ソーター
  • 搬送ロボット
  • 移動ラック
  • 自動倉庫

マテハン機器を導入することによって、スタッフを他の業務に配置したり、作業ミスを減らしたりすることができます。倉庫管理業務の生産性を高めることができる点が、マテハン機器を導入するメリットです。

倉庫管理のアウトソーシング

自社で倉庫管理を担当するスタッフが足りない、または十分なノウハウがない場合は、倉庫管理のアウトソーシングを導入してみませんか。

倉庫管理を最適化するためには、倉庫管理システムの導入やマテハンの活用が必要ですが、導入・運用には多大なコストが発生してしまいます。倉庫管理をアウトソーシングすることで、導入・運用コストがかからないだけでなく、作業スタッフの確保・教育に関するコスト削減にもつながります。

当社では、精度の高い倉庫管理システムやマテハン等を備え、迅速かつ丁寧・正確な倉庫管理を実現します。アウトソーシングを検討の際にはお気軽にお問い合わせください。

倉庫管理システム(WMS)を導入するメリット

倉庫管理システム(WMS)の導入には、以下3つのメリットがあります。

  • 業務を効率化できる
  • リアルタイムで情報を管理できる
  • 倉庫のスペースを効率的に利用できる
倉庫管理システム(WMS)を導入するメリット(イメージ)

倉庫管理システムとは、商品の入庫から出庫までの管理や倉庫内で作業するスタッフ管理、帳票作成などの機能があり、倉庫内の管理を最適化できるシステムです。

業務を効率化できる

倉庫管理システムには、入出庫する商品の保管場所を指定する機能があるため、確認作業の工数を減らすことができます。また、棚卸報告書や納品書、送り状伝票などを発行できる機能もあるため、書類作成にかかる時間も削減できます。

今まで手動で行っていた業務を一部自動化して、倉庫管理の業務を削減することが、倉庫管理システムを利用するメリットです。

リアルタイムで情報を管理できる

倉庫管理システムは在庫の過不足や、発送状況などの倉庫内情報をリアルタイムで管理できるため、余分な在庫を抱えるリスクを削減できます。また在庫が足りず、商品の発送が遅れるリスクを減らせることも、倉庫管理システムを利用するメリットです。

倉庫のスペースを効率的に利用できる

倉庫管理システムによって、細かなロケーション管理を行うことができるため、スペースを効率的に利用できます。どの商品が、どこに保管してあるのかをシステム上で「見える化」することで、ミスの防止や保管効率の改善につながります。

「物流についてまずは相談したい」
と考えている方へ

750社を超える通販支援実績をもつスクロール360は、
商材を問わず、幅広い事業者様より評価いただいています

\ 会社紹介資料はこちら /

資料ダウンロード

\ 無料相談・お見積はこちら /

お問い合わせ

倉庫管理システム(WMS)を導入するデメリット

倉庫管理システムの導入には、以下2つのデメリットがあります。

  • 導入コストがかかる
  • システム運用に慣れるまで時間がかかる

導入コストがかかる

倉庫管理システムを導入するときは、システム導入・利用料が発生することに加えて、システムを使う現場スタッフの育成コストがかかります。倉庫管理システムを導入する前に、発生するコスト以上に効果があるかシミュレーションをしておくことが重要です。

システム運用に慣れるまで時間がかかる

現場のスタッフが倉庫管理システムの操作に慣れるためには多大な時間がかかり、マニュアル作成や研修の実施といった業務も発生します。

倉庫管理システムの提供元に、マニュアル作成や研修を依頼できるかどうか、サポート体制はどのようなものかを確認できると良いでしょう。また、倉庫管理システム導入後に、どの程度の業務効率が上がるかシミュレーションをしておくことが重要です。

まとめ:倉庫管理のアウトソーシングを検討してみませんか

倉庫管理のアウトソーシング(イメージ)

倉庫管理とは、倉庫内の業務を効率的に行うためにマネジメントすることであり、トラブルやミスを防止し、サービス品質を維持しながら消費者に商品を正確かつスピーディーに届けるために必要な業務であることがわかりました。

当社では、長年のフルフィルメント支援実績から培った知見とノウハウで、業界トップクラスの倉庫管理を実現しています。倉庫管理のアウトソーシングを検討されていましたら、ぜひお気軽にお問い合わせください。

「物流についてまずは相談したい」
と考えている方へ

750社を超える通販支援実績をもつスクロール360は、
商材を問わず、幅広い事業者様より評価いただいています

\ 会社紹介資料はこちら /

資料ダウンロード

\ 無料相談・お見積はこちら /

お問い合わせ
物流代行(発送代行)
サービスはこちら