次世代CRM物流 スクロール360

新着情報
リリース

書籍出版のお知らせ「EC通販で勝つBPO活用術 ―最強のバックヤードが最高の顧客体験を生み出す―」

「EC通販で勝つBPO活用術 -最強のバックヤードが最高の顧客体験を生み出す-」の書籍出版に関して、株式会社スクロール(本社:静岡県浜松市中区、代表取締役会長 堀田守)は2020年10月20日、プレスリリースを行いましたのでお知らせいたします。

PDF file (260KB)

書籍「EC通販で勝つBPO活用術 最強のバックヤードが最高の顧客体験を生み出す」2020年10月22日販売開始

株式会社スクロール360(本社:静岡県浜松市中区、代表取締役社長 山崎正之)は、書籍「EC通販で勝つBPO活用術 -最強のバックヤードが最高の顧客体験を生み出す-」(高山隆司・佐藤俊幸)を10月22日にダイヤモンド社より出版・発売いたしますので、下記のとおりお知らせいたします。

新型コロナウイルス感染症の影響により、消費者の購買行動が一変し、消費者の購買スタイルは確実にWEB(オンライン)にシフトしていくものとみられます。
700社を超える通販支援実績のある当社が、EC・通販事業者に向け、激変する「アフターコロナ」時代のEC市場を乗り切るためのヒントを1冊の本にまとめました。

アフターコロナを制するEC、消えるEC、その差とは?
事業戦略設計、プロモーション、フルフィルメント…。DX(デジタルトランスフォーメーション)が加速する中で、ユーザーに選ばれ、勝ち残るためのノウハウを成功事例とともに解説しています。

なお、上記の書籍は、全国の主要書店ならびにネット書店でご購入いただけます。


アフターコロナはBPOが決め手!

ノウハウ書籍、第三弾!

スクロール360からの出版書籍3冊

当社からの書籍出版は、2015年2月19日に出版した、物流のノウハウ書籍『ネット通販は「物流」が決め手!』(高山隆司)と、プロモーションノウハウ書籍『シニア通販は「こだわりの大人女性」を狙いなさい!』(高山隆司・山下幸弘)の2冊に続く、第三弾となります。


書籍について

概要

書名 EC通販で勝つBPO活用術
-最強のバックヤードが最高の顧客体験を生み出す-
著者 高山 隆司(株式会社スクロール360:常務取締役)
佐藤 俊幸(株式会社もしも:取締役 マーケティング事業本部長)
発行所  ダイヤモンド社
定価 1,500円+税
販売 Amazon
楽天ブックス
Yahoo!ショッピング
セブンネットショッピング
紀伊國屋書店
※その他のネット書店、全国の主要書店でご購入いただけます

目次

第1章 激変するアフターコロナ時代のEC市場
第2章 EC通販の事業構造と成長ステップ
第3章 アフターコロナのEC戦略設計
第4章 最強のバックヤードで顧客体験を完結!
第5章 アフターコロナの物流アウトソーシング
第6章 EC通販における差別化成功事例
第7章 アフターコロナの未来予測

著者プロフィール

高山 隆司(株式会社スクロール360:常務取締役)

高山 隆司(株式会社スクロール360:常務取締役)

1981年スクロール(旧社名ムトウ)入社以来、39年にわたり通販の実戦を経験。2008年他社のネット通販企業をサポートするスクロール360の設立に参画、以後、200社を超えるネット通販企業の立ち上げから物流受託を総括。2013年「後払い.com」を運営するキャッチボール社のM&Aを統括。2015年「ネット通販は物流が決め手!」を出版。2016年グループ会社「豆腐の盛田屋」の中国進出をサポート、販売チャネルと物流インフラ構築プロジェクトに参画。2017年中国の中信出版社より「ネット通販は物流が決め手!」の中国語翻訳版が中国にて出版。2018年ミネルヴァHDSをスクロール・グループの子会社化に参画。ミネルヴァHDS子会社だった成都インハナ有限公司董事に就任。

佐藤 俊幸(株式会社もしも:取締役 マーケティング事業本部長)

佐藤 俊幸(株式会社もしも:取締役 マーケティング事業本部長)

2007年もしも入社後、ネットショップ運営コンサルタントとして、全国の300以上のネットショップに対して集客を中心に支援。2014年よりアフィリエイト広告を中心としたマーケティング事業を統括。
2018年に、もしもはスクロールグループに入り、以後、グループ一体となって通販支援に従事。


本件に対するお問い合わせ先

株式会社スクロール360 広報担当 梶川、高橋

住所:東京都品川区東品川2丁目2番24号 天王洲セントラルタワー12F

TEL:03-4326-3207 FAX:03-5495-9185

Mail:eigyo@mb.scroll360.jp URL:https://www.scroll360.jp/

本件に関するお問い合わせはこちら