受注登録やお問合せ対応は売上に直接影響するため、コンタクト部門を請け負うコミュニケータの役割は非常に重要です。
コミュニケータはただ単にお客様の氏名や住所、商品を伺って注文登録するだけの役割ではありません。
お客様に対して好印象と安心感を与え、次回も安心して購入して頂けるようコミュニケーションを行う必要があります。
当社のご提供するインバウンド(受信サービス)は豊富な通販実績から貴社それぞれに最適なサービスをお届けします。

受注代行サービスとは

通販業務における「お客様との接点」であるコンタクトセンター(コールセンター)の役割は益々重要になっています。
当社の受注代行サービスは、通販に特化した豊富な実績とノウハウで、貴社のCRM戦略を基に最適なコンタクトセンターをコーディネート、顧客満足度を向上させます。

受注代行概念図

インバウンド(受信サービス)

<注文受付サービス>
注文、問い合わせ、保守、カスタマーサポート等の受付業務を行います

<ハガキ/FAX受注入力サービス>
ハガキ/FAXの受注入力業務を行います

<IVR (自動音声応答)システム>
日中におけるオペレータ対応及び夜間におけるIVRシステムの組み合わせにより24時間の一元管理対応が可能です

<情報照会サービス>
問い合わせ内容や受注残管理の情報も通販システムで管理しているため、商品情報の検索も可能です

アウトバウンド(発信サービス)

DMフォロー、督促、キャンペーン、リサーチ、セールスサポートなどを行います

<CTIサービス>
CTIアプリケーション( 連携ソフト )がご利用可能です。

<CRM構築 + コンタクトソリューションサービス>
お客様の声やお問合せ内容を分析、評価し、商品企画への提言やコンタクトセンター運営の効率化施策を立案します

受注代行サービスの流れ

コンタクトサービスイメージ コンタクトセンターコーディネートサービス 受注代行サービス

受注代行サービスにおける様々な課題を解決します!

人の悩み コンタクトサービス(受注代行)における様々な課題 コストの悩み
・オペレータが不慣れ
・ピーク時に人員調整が困難
・設備投資にリスクが大きい
・オペレータ費用が高い
   
業務の悩み 品質の悩み
・受注ピーク時の対応ができない
・顧客満足度が低下する
・売上利益が上がらない
・オペレータ教育の徹底ができない
・プロモーション対応力が足りない


受注代行サービスご利用のメリット
 
メリット1 実績ある受注代行業務を活用
通販に特化した豊富な実績とノウハウによる正確な作業が可能です

メリット2 実績あるシステム・インフラの完備
繁忙期と閑散期の人員調整確保が不要です
品質重視の教育を実施した専用オペレータによる業務です

メリット3 コア業務の集中で事業拡大を実現
コア業務の集中で売上利益の拡大が可能です
コンタクトセンター用スペースといったインフラの拡張を行うことなく、リスクを少なく事業拡大が可能です

メリット4 トータルコストの削減
適切なオペレーション費用をご提供します

ケーススタディ

受注行サービス利用時のケーススタディ

→ コンタクトセンター業務で課題を抱えている企業様によるケーススタディです